鯛ラバ&1つテンヤ、コマセ釣りを始めとした船釣りを中心に、バス釣りやテナガエビ釣りなど幅広く釣りを満喫しとります☆
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

すっかり更新が遅れてしまっています(;^ω^)
4月、姪浜港から出船する『昭隆丸さん』で鯛ラバ乗船してきました。
当日は曇りで港内でも若干波もありましたが、ポイントの壱岐沖に到着すると波はわりと穏やかに。
この辺りのポイントは水深100mなので、紅牙ベイラバーの100~120gをメインに攻めてみました。
ヘッドは緑色、ネクタイはオレンジよりもやや赤っぽいネクタイをチョイス。

1投目・・・着底と同時にガツンといきなり当たり!
ドラグもちょい出されて、いきなりまずまずな真鯛がヒットしてくれた様です。
それにしてもこのエリア、水深があるので手巻きだと結構疲れますね(;・∀・)
お客さんの大半が小型の電動リールばかりで、正直ウラヤマシイ・・・。
そんなこんなで、特に危な気なく上がってきたのは2kgクラスのメスの綺麗な真鯛。
本当、この時期の真鯛は桜鯛の名にふさわしく、綺麗なピンク色をしています。
とりあえずボウズ逃れ&船内1匹目だったので活気が出ます。

この日は活性がまずまず高いのか、真鯛じゃないにしても1流し1流しで何かしらの当たりがあります。
他のお客さんにも真鯛や連子鯛が上がり、自分も同様に数を稼いでいきます。
底付近でガツンと来て、ちょいちょい引くのは連子鯛、全く引かなくなるのは根魚。
ゴンゴンきて、真下にギューンと引くのが真鯛で・・・なんて少しずつ魚の引きが分かってくると面白いですね。
途中、フォール中にモワっとした感覚と重みがあり、何かな?なんて上げてみたらスルメイカでした。
本当、鯛ラバは何でもかかるので面白いです。

今日1番は終了間際、底から12mくらい巻いたところで一気にギューンという強い引き込み!
この魚が掛かる直前に釣っていたヤズの引きに似てたので、これもヤズかなぁと思ってましたが、残り30mくらいから急に引かなくなって真鯛だと確信。
浮いてきたのは60cmジャストのオスの真鯛でした。
そうそう、ここの船長さん、強面で男らしい見た目とは裏腹に、かなり面白い方で和やかに楽しめます。
前に利用した時は自分以外が全員中国人だったので焦りましたが、今回は皆さん日本人でホッとしましたw
是非、また近い内に利用させてもらいたいと思います。
この日の釣果は真鯛7枚、連子鯛5枚、ヤズ3本にスルメイカ1杯でした。
DSC_2458.jpg

続いて5月5日、子どもの日。
友人と義理の父を誘って、天草鬼池沖までまたまた鯛ラバで乗船です。
いつもの『珠浬丸さん』に予約していたのですが、メンテナンスの関係で当日に僚船の『K丸』に乗ることに。
最初はちょっと不安でしたが、珠浬丸の船長さんも一緒に乗船するということで一安心。
出船直前に排水トラブルがあって、今日は中止か?と焦りましたが何とか応急処置で出れましたw
現場の水深は60m、比較的フラットな底で所々に岩礁がある様な感じ。
紅牙ベイラバーの100gにフレアリーフを付けて攻めてみました。

どうでもいいことかもしれませんが、この日、新しく買ったDAIWAのレインマックスを着てみました。
蒸れることもなく、終始快適に着れたのでオススメです。

それでは続き、鯛ラバが着底と同時に巻き巻き巻き巻き・・・。
1投目で後方のお客さんに良型の真鯛がヒットした様子!
これは期待できそうと思っていたら、友人にも本命真鯛がヒット!
よし、今度は自分の番だ!と思って巻いてましたけど、ガツンと来るのはアラカブばっかりw
これはこれで悪くは無いんですけど、やはり狙うなら大鯛ですよね。

1時間程過ぎたくらいに、ようやく自分にも底上5m付近でガツガツ当たり。
合わせるとコンコンと真鯛特有の引きはあるけど、島原サイズと呼ばれているこの辺のアベレージサイズですね(;^ω^)
30cmあるかないかの本命ゲットです。
その直後、またしても本命の当たりがありましたが、これは更にサイズが落ちて手のひらサイズw
お父さん連れてきてねと言いながらリリースしましたが、後々これが本当になるとは・・・。

昼前、潮止まりが近くなってくる中、底上7mくらいからガンガンと竿先をはたく様な当たり。
乗ったことを確認して、エイッ!と合わせるとギューーーーーーーンと一気に横走りでラインが20m近く引き出されました!
一瞬、青物でも掛けたかと思うほどの重量感と横走りで、これは間違いなく大鯛でしょう!
ドラグを調整してたので、談話しながら比較的余裕な感じで巻き巻き巻き・・・。
残り20mくらいから抵抗も無くなり、浮いてくる感じが伝わります。
水面に出てきたのは、久しぶりのオスの大鯛(´∀`*)

sketch-1494086050433.png

78cmと80cmオーバーまではいきませんでしたが、久しぶりに鯛ラバでこれくらいのサイズを掛けたので楽しかったです☆
このあとも続くとよかったんですが、潮が急激に早くなり当たりも根魚ばっかりでとうとう本命は続かず。
結果的には真鯛3枚にアラカブ&アコウが多数で、内容的にはまずまずだったかなと思います。
次回は久しぶりに大分県佐賀関まで関アジを狙いに行ってきます。
それでは、いつ更新するか分かりませんがまた次回。

・ベイトタックル(鯛ラバ用)
ロッド:DAIWA 紅牙MX 69HB-METAL
リール:DAIWA RYOGA ベイジギング C2020PE-HL
ライン:DAIWA 棚センサーブライト +Si 0.6号
リーダー:DAIWA ディーフロン 船ハリス真鯛+10 4号
タイラバ:DAIWA 紅牙 ベイラバーフリー 100g
スポンサーサイト

【2017/05/07 15:30】 | Boat Fishing
トラックバック(0) |
明けましておめでとうございます(;・∀・)
年末年始の忙しさで、更新を怠っていました・・・。

昨年の釣り納めは、いつもの三池港の『珠浬丸さん』からの鯛ラバ&船メバルからでした。
今回は高校時代の友人と2人での出船。
貸し切り状態ですので、船長さんも含めてとても和やかな雰囲気での釣りスタートです。

ポイントはいつもの島原沖。
始めはとりあえず魚の反応が見たいというところで、数釣りに定評がある浅場でメバル釣りからのスタート。
通常はモエビを使ったエサ釣りが主流なのですが、今回は自分がワーム仕掛け、友人がサビキ仕掛けでエサは使わずにチャレンジです。
ほどなくすると、ココンと友人に待望のヒット。
サイズこそ大きくありませんでしたが、本命メバルのファーストキャッチ。
それからすぐに、自分にも同サイズの可愛いメバルがヒット。
これでお互いにボウズは免れました。

それからも、コンスタントに小型~中型メバルが当たる当たる。
友人の竿が根本から曲がったと思ったら、この海域では見たこともない様な巨大アラカブ:(;゙゚'ω゚'):デカー
40㎝近いサイズで、アコウにも引けを取らない化け物クラス。
26_9635_20161219195304.jpg
結局、ここだけで相当な数のメバルが上がりました。

昼前になると当たりが遠のいてきたので、気分転換に鯛ラバへ変更。
当たりは多いんですが、食いがいまいちなのか鯛が小さいのか針にうまく乗らない・・・。
やっと乗ったと思ったら、あと少しのところでまさかのフックアウト。
竿もそんなに曲がらなかったので、小鯛で口切れでもしたのかな?
結局鯛ラバでの釣果は1時間弱やって0匹、しいて言うなら大きなコモンサカタザメが釣れたくらいw

結局、その後からラストまでは再度メバル釣りへ変更。
朝ほどは当たりは減りましたけど、自分にも尺超えのアラカブが釣れたり、あんだけ鯛ラバでは釣れなかったのに友人に真鯛が掛かったりと1日飽きずに楽しめました。
26_9635_20161219195351.jpg
小さいメバルが多かったので、中型のメバルだけ確保してから三池港内へあとは全てリリース。
また来シーズンに繋げたいですね。

【2017/01/17 13:09】 | Boat Fishing
トラックバック(0) |
義理の父から突然の電話・・・☎

「鯛ラバの道具買ったから、どこかそっちで出してくれる船知らない?」

どうやら、ここ最近の釣り番組や雑誌、釣具屋の店員さんとの話の中で鯛ラバに興味が出てきたとのこと。
ただ、義理の父は短気で、当たりが無ければシャクったりアクションしたがるので、ひたすら巻き続ける鯛ラバは向いてない様な・・・。
おまけに、買ってきた道具を見せていただくと、リールと鯛ラバは良かったですけどロッドが専用ロッドではなく青物もイケる様なガチガチのショートロッド。
これで鯛ラバは難しそうということで、義理の父の道具でも可能なテンヤ釣りも出来る『珠浬丸さん』に電話。
快く船を出していただけるということで、3日に乗船してきました。

当日は自分の友人も1人加わっての6名で出船。
朝は風や波も無く、ベタ凪に近い状態で比較的落ち着いていました。
自分は安定の右のミヨシ側で、その右サイドに鯛ラバ初めての友人。
反対の左のミヨシ側に義理の父が立つ感じとなりました。
とりあえず、自分は紅牙ベイラバーフリー100g紅牙フレアリーフの組み合わせでスタート。
友人と義理の父には、初めてということもあり当たりや他の魚種も楽しめる様に、活きエビを付けてのエビラバでチャレンジしてもらうことに。
場所は島原沖、最初のポイントは35ⅿ前後の起伏が穏やかなポイント。
一斉に投入すると、群れの中に入ったのかなんと着底と同時に6名中4名に真鯛の当たりが!!
あっ、ちなみに自分には当たりませんでした(笑)
初心者に有りがちな合わせてバレるパターンを回避すべく、合わせずにひたすら巻いてと友人と義理の父にアドバイス。
サイズは30㎝前後でしたが、これで友人も義理の父もキャッチ出来て、とりあえず坊主は免れてもらえましたε-(´∀`*)ホッ
さあ、次は自分の番だ!と巻き巻きしてると、2投目で底から5ⅿ付近でガツガツと当たりが!
ここ最近、掛ける鯛ラバにハマっているので、2人へのアドバイスとは裏腹に自分はあえて積極的に掛けていきます。
ゴンと合わせると、良い感じにロッドが曲がってくれます。
少しドラグが出るくらいで、上がってきたのは35㎝くらいの食べ頃サイズ。
これで全員の坊主は無くなりました。

この日の朝マヅメは活性が高いのか、船内誰かしら当たる感じで友人も義理の父もコンスタントにキャッチ。
自分も負けじと、1匹目と変わらないサイズを3枚キャッチ。
これは入れ食いかなと思っていたんですが、9時半頃から当たりがポツリポツリに。
鯛ラバやってる自分には全く当たりが無くなり、テンヤ釣りに切り替えた義理の父や他のお客さんがコンスタントに小型の真鯛or根魚をキャッチしている状況に。
ここ最近の急激な冷え込みによる海水温低下の影響もあるのか、底付近がこの日は有利になっているのは間違いなさそう。
自分もテンヤ釣りに変えようか悩みましたが、それだと芸も無いので巻き巻きポリシーは曲げずに最後まで頑張りました。
巻きの速さを遅くしたりと試行錯誤しましたが、エサの有利差もあるのかやっぱり当たりのはテンヤ組。

11時頃に、水深20~40m前後の起伏の激しい場所へ移動すると、テンヤ組は根掛かりの連発。
これは鯛ラバの利点を活かせるチャンスだと思い、起伏に沿って10~15m巻いては落としてを繰り返すと待望の当たりが!
大きさは最初の真鯛と差ほど変わらないサイズでしたが、久しぶりの1匹にちょっとホッとしました。
このあとは沖上がりまでに一気に4枚ゲット!
最後の1枚は何とか40cmオーバーのキロサイズで、とりあえず十分なお土産にはなりました。

14906936_902820913187836_5257072181618875654_n.jpg

船内、大鯛こそ上がりませんでしたけど、友人のエビラバは全体的に良型ばかりでキロクラスを連発していました。
全体的な釣果としては、数はテンヤ釣りに軍配が上がりましたが、1匹1匹のサイズでは鯛ラバ&エビラバの巻き巻き組の方が良かったです。
3人で真鯛24枚+アコウやアラカブ、イラの外道という結果でしたが、内容としては十分楽しめました。
これで大鯛が混じれば最高でしたが、それはまた次回にお預けということでw

・ベイトタックル(鯛ラバ用)
ロッド:DAIWA 紅牙MX 69HB-METAL
リール:DAIWA RYOGA ベイジギング C2020PE-HL
ライン:DAIWA 棚センサーブライト +Si 0.6号
リーダー:DAIWA ディーフロン 船ハリス真鯛+10 4号
タイラバ:DAIWA 紅牙 ベイラバーフリー 100g

【2016/11/08 15:03】 | Boat Fishing
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。