鯛ラバ&1つテンヤ、コマセ釣りを始めとした船釣りを中心に、バス釣りやテナガエビ釣りなど幅広く釣りを満喫しとります☆
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

先日、またまた『珠浬丸さん』に乗船
当日は自分も含めて『九州陸っぱり特攻隊』のぷーさんと、時々ご一緒になる常連さん1名、他に2名の計5名での出船です♪♪♪
この日は雨こそ無かったんですけど、強風とその影響で波もいつもと比べて高め。
グラグラ揺られて鯛ラバメインでやるにはかなり厳しい状況です・・・(;´∀`)

水深は40~50m付近からスタート
とりあえず、前回のヒットカラーであるオレンジカラーの鯛ラバをひたすら巻き巻き。。。
少しでも風の影響を避けるため、海面にロッドの先端突っ込んでやってましたけど、船の揺れもあるから非常に厳しい!!!!
一定の速度で巻けましぇ~ん(つд⊂)エーン
前回と比べたら、当たりっていう当たりも少ない感じクソッ
テンヤが有利なのは自分でも分かってましたけど、あくまでも鯛ラバを極めたいという一心だったのでグッと我慢

そんな中、ぷーさんに船内待望のファーストヒット
島原沖のアベレージサイズでしたけど、真鯛がおることは分かったんでひとまず安心
すると、ココンと巻き上げ途中で当たりがあって自分にもヒット
ただ、引きが全然違って、上がってきたのは案の定35cmくらいのワニゴチ
とにかく、前回と比較すると当たりがシビアで・・・。
潮に濁りが入ってたけん、カラーをグリーン系に替えたら良いよってどっかで見たのを思い出しでチェンジ
替えてからの1投目、底から5mくらい巻き上げたくらいでコツコツ当たりはじめたと思ったらガツンという強烈な当たり
スーッとロッドを立てて合わせると、真鯛特有の3段引き
心地よい感じでドラグも出されるし、引きからしてもサイズはまずまずっぽそう(´∀`*)ウフフ
水面に上がってきたのは1.7㎏の良型真鯛でした

この1枚が上がって、このあとも続くかなぁって期待しとったんやけど現実甘くない(´ε`;)
他のお客さんにもポツリポツリ真鯛が上がるけど、カラーはオレンジ
さっきの1枚は決してグリーンだったから良かったワケやなく、たまたま釣れただけやったんかも・・・。
あと、やはり底付近でしゃくるテンヤ釣りをされてた方が数を伸ばしてました☆

結局、オレンジカラーに戻して小さい鯛を2枚追加で終了
外道としては、ワニゴチ2匹にアラカブ1匹、シログチ1匹といまいち納得できんかった( ゚ε゚;)ムムッ

IMG00123.jpg
IMG00124.jpg
IMG00125.jpg

今回分かったのは、強風&波が高い日は紅牙MX 69MHB-METALの使用は厳しい
キャタリナ65XHB-BJに途中持ち替えましたが、竿先ことメタルトップだから振られるものの、比較的ハードな作りなんで使いやすかった
始めからキャタリナでやってたら良かったっすw

んで、早速持ち帰った魚を捌きましたけど、これが何と大当たり
何が大当たりだったかって言うと、1.7㎏の真鯛の骨にコブがあったんすよ

IMG00127.jpg
IMG00128.jpg

これ、鳴門骨と言いまして明石とか玄海とか強潮の地域で育ってる地域に多くみられるもので、とにかく速い潮に揉みに揉まれた屈強な魚にしか見られないもの。
身のしまりや味わいは格別で、いわゆる良質な鯛の証なわけで
大分で釣った鯛で2回ほど見ましたけど、有明海で見たのはこれが初めてでした。

IMG00126.jpg

刺身と、残ったアラで鯛雑炊を作りましたけど舌触りと食感は申し分なし(゚д゚)ウマー
噛み締めたときに拡がる優しい甘さは、久しぶりに良い鯛食べれたなと思わせる美味しさでした( ^ω^ )ニコニコ

次回はイイダコ釣りでお願いする予定ですが、他のお客さんとの兼ね合いで真鯛になるかも。
大潮で船釣り初心者がおるけん、真鯛になるとちょっと辛いかもね・・・(;´∀`)
それではまた次回。
スポンサーサイト

【2013/09/30 12:16】 | Boat Fishing
トラックバック(0) |
『珠浬丸さん』に先日も乗船してきたばい(´∀`*)ウフフ
今回は『九州陸っぱり特攻隊』のぷーさんと2人で完全貸切り状態
天気も晴れて、風も無かし本当に釣り日和やった

今回は鯛ラバの釣りに徹するために、使用したタックルはDAIWA紅牙MX 69MHB-METALRYOGA2020HLオンリー
申し訳ないけど、今回もエビをつけてのエビラバという形で頑張ってみました

ポイントはいつもの島原沖で、水深40~50mをメインに上げ潮を狙うようなスタイル( ^ω^ )
いつものように、底まで落としたら約10m上までひたすら巻き巻き・・・。
前回のイメージが残ってたので、鯛ラバに良い感じで潮が絡む感触を感じながら当たりを待つのみ
早速1流し目でガツガツと当たってきたけど、ロッドに乗った感じは小さいいつもの島原サイズ
とりあえずボウズは逃れて、そのあと連続で同サイズを2枚キャッチ☆
これは幸先良いのかなと思ってたけど、ちょうど干潮の時間を迎えて潮止まり(´ε`;)ウーン…

ここからはボトム付近をリフト&フォールで狙ってたぷーさんが着々と数を伸ばして連続キャッチ♪♪♪
潮が流れなければ圧倒的にテンヤが有利になることがここで1つ学習できました
んで、自分はどうしたかというと、流れないならこっちから流してしまえと鯛ラバの号数を減らして気持ちキャスト気味に斜めに引いてました。
フッキングこそしなかったけど、これはこれで当たりが何回もあったけん間違いやなかったんやろうな(笑)

それからぷーさんも当たりが来なくなって、次のポイントへ移動することに
ここに来てから、また少し潮が動き始めたのが分かったけん鯛ラバの号数を戻してひたすら巻き巻き。
底から5m以内でよく当たってきたけど、ここのレンジで当たってくるのは大体が小さいんよねwww
案の定、手の平ちょいの島原アベレージサイズの連発でした(´ε`;)
それならと、底から5mまでを気持ち早巻きして、5m上からいつものスピードに戻したらこれが結果良かった
1キロ前後のサイズが見事に当たってきてくれて、ドラグが出る感じがもうたまらんたまらんw
この調子でと思ってたんやけど、途中投入と同時に船が動いて斜めに流されるハプニングが!!
仕方ないんで、一旦回収しようと気持ち早巻きしてたら底から10m付近でガツガツとネクタイをかじる感触が( ^ω^)おっ
そのままずっと巻き続けてたんやけど、ひたすらネクタイをかじるようなヌーッとした当たりが続いてモヤモヤしてたら底上20m付近でようやくガンガンと大きな当たりΣ(´∀`||;)ドキッ!!
ロッドに魚の重みが乗った瞬間、一気に30mもライン出ていくがなΣ(´∀`;)
慌ててドラグを調整しながら、ポンピングでゆっくりゆっくりやり取り・・・。

P9130110-300x225.jpg

巻いては走られ巻いては走れを繰り返すこと約10分、水面にゆっくり浮いてきたのは巨大なマダイやったよキタキタキタキタ━━━(゚∀゚≡(゚∀゚≡゚∀゚)≡゚∀゚)━━━━!!
とにかく、えらい横に横に走っていくけん自分も船長さんも青物かサメやろうって思いよったくらい良く走った
途中、「どうせサメやけん、切れてもいいや。」なんて言うてましたもんwww

P9130111-300x225.jpg
P91301172.jpg

検量の結果、86cm 6.7㎏とこの船での自己記録更新ですたいキタ━(゚∀゚)━!
『珠浬丸さん』とのお付き合いはかれこれ4年になりますが、この船に乗り続けようと思ったのがメバル釣りの際に1人オキアミ使ってた自分に気を使ってくれて、無償でモエビを譲ってくれたのがキッカケ
そんな船長さんの優しさに感激し、いつかこの船で大物釣ってやると思ってたのでやっと夢が叶った気がしました
次の目標は90cm超えまたは、10㎏超えの鯛を釣ること!!!!
もしくは、35cm超えのメバルを釣ることが自分の目標です!!!!
この釣果も船長さんの腕あってのものやけん、本当に感謝×2
そのあとはいつもの島原サイズを数枚追加して終了。
ぷーさんも数釣り出来たし、2人揃って満足できた釣果になりました

P9130113-300x225.jpg
P9130115-300x225.jpg

それにしても、本当に今回のロッドは自分の中ではベストロッド!!!!
鯛ラバの動きはもちろんやけど、ネクタイをかじる感触や横から当たってきた感触も分かるくらい感度抜群☆
海中の中でも何mくらいから潮の流れが変わってるなとか、そういう微妙な変化も分かるし、ファイト中でも鯛ラバの2本あるフックの内、1本が外れたことも分かったし最高の1本になりそうです(゚∀゚)!
キャタリナ65XHB-BJでは感じとれんやったことが、このロッドになって手に取るように分かって使ってるだけでも面白かです

次回は27日に乗船予定ですが、場合によってはイイダコでお願いするかもしれません☆
それではまた次回をお楽しみに・・・。

【2013/09/16 23:31】 | Boat Fishing
トラックバック(0) |
昨日、予定通り『珠浬丸さん』に乗船してきたばい

FxCam_1378874359364.jpg

今回は、自分合わせて全部で6名
なんと、その中に自分のブログを見て下さってる方がいらっしゃって、こんな僕にわざわざ話しかけてくださいました( ^ω^ )
大して参考にならん記事ばかりやと思いますけど、見て下さってることに感謝&ちょっぴり恥ずかしか限りですwww
親子で乗船されてあったんですが、とても感じの良い方でまたご一緒した際には是非よろしくお願いします☆☆☆

ポイントはいつもの島原沖で、水深は40~50m付近を探ってくような感じやった
今回は、鯛ラバ+生きエビのいわゆるエビラバスタイルで巻き巻きの釣りにこだわること!!!!
使用したメインタックルはDAIWA紅牙MX 69MHB-METALRYOGA2020HL
サブに同じくDAIWAキャタリナ65XHB-BJRYOGA2020HLと、スピニングタックルにキャタリナ710MS-BJと旧エメラルダス2506Wを用意しとりました(´∀`*)ウフフ
まずは定番のオレンジネクタイの鯛ラバで、底から約10mまでをひたすら巻き巻き・・・。

2流し目に入ったとき、早速ガツガツガツと当たりが(゚д゚)ナヌ!
そのまま同じスピードで巻き巻きして、ロッドに魚の重さが乗ったところで聞き合わせ
下に突き刺すような引き方は、間違いなく本命じゃなかですか
サイズ的には島原の平均サイズやったけど、幸先の良かスタートでご満悦
船内でもポツリポツリと釣れ始めて、10時くらいには当たりの数もピークに達しとりました
他の方は、鯛ラバまたは天草テンヤでボトム付近をシャクって釣る釣り方で数を伸ばしてありました
自分はというと底から10mで狙ってたんやけど、当たりが5m以内に固まってきたけんレンジを変えてやっとりました。
回収時の早巻きにも関わらず、底から15m上でも食ってきたりもしましたけどね(笑)

ただ、今回はドラグ調整がうまくいっとらんで、バラしバラしの連続やった(つд⊂)エーン
追加で同じサイズを何枚か上げたけど、大鯛らしき引きが3回あったんやけども3回ともバラし・・・。
キャタリナ65XHB-BJの時と同じドラグ設定で紅牙MX 69MHB-METALにセットしとったけん、効き過ぎとったみたいです(泣)
船長さんも含めて、他にも大鯛やったであろう当たりが船内でもあったんですがフック外れやらラインブレイクなんかもあって今回は船内大鯛は0・・・。
次回のドラグ設定には気を付けたいものです
今回の自分の釣果はマダイ6枚+アラカブ1匹+ワニゴチ1匹+グチ1匹で、バラしが無かったらマダイ二桁の釣果になってたのでは・・・。

FxCam_1378874490315.jpg
FxCam_1378878063956.jpg

それにしても、紅牙MX 69MHB-METALは今回改めて思ったけど本当に良かロッドですこと
海中のタイラバの動きが良く分かるし、ネクタイが絡んだりエビが無くなったりしたらすぐに分かるくらいの感度の良さでした
良いイメージのまま、また明日チャレンジしてきます(笑)

【2013/09/12 09:06】 | Boat Fishing
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。