FC2ブログ
鯛ラバ&1つテンヤ、コマセ釣りを始めとした船釣りを中心に、バス釣りやテナガエビ釣りなど幅広く釣りを満喫しとります☆
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

皆さんどうも、先日の台風接近は大丈夫でしたか?

僕はその日、船の上でした。

というわけで、24日は大分県の神崎港の『姫福丸さん』に乗船してきました。
当日の波予報は1.0mということだったんですが、どうみても風の影響もあって1.5mはありますけど・・・w
おまけにうねりも凄くて、しっかり船にしがみついてないと振り落とされそうなくらに揺れる揺れるアワワ ヽ(´Д`;≡;´Д`)丿 アワワ
この日の狙いは五目釣りということで、マダイやらイサキやら青物やらターゲットは様々。
一般的に言われるコマセ仕掛けで狙っていきます。

船長さんの判断で、少しでも風の影響を受けないよう、半島の風裏にあたるようなポイントをやることに。
水深は28m~40m前後の浅~中深場を狙っていきました。
船長さんの指示棚に合わせて、そこから±2~3mくらいを誘っていましたが、まず潮が速すぎてビシが流されてるのが明確。
おまけに船の激しい揺れもあったので、恐らく2~3m誘ったつもりでも船の揺れ幅がプラスされるので1~3mくらいの誤差が出ていたかもしれません。
そのせいか、全くもって当たりも無ければ反応もない。
そんなとき、置き竿がいいよというアドバイスをいただき、コマセワークや誘い方も他の方を見たりなんたりで確実に自分のモノにしていきました。
回りでもポツン、ポツンとイサキやらウマヅラハギが釣れ始めた中、ようやく置いていた竿にゴゴンと当たりが。
水深も浅かったので、電動巻き上げは使わずに手巻きでゆっくり取り込みました。
ファーストヒットはお腹パンパンのウマヅラハギ。
うちの妻と娘が大好きなので、釣り人にはエサ取りやハリスを切られるために嫌がられますが我が家では嬉しい外道。

それにしても、そのあとが続かない・・・。
コマセを撒けども撒けども当たりがありませんでしたが、潮が緩んでくるとようやく当たりが増え始めました。
どうにかこうにか40cmくらいのイサキが自分にもヒットして、そのあとは小さいながらもマダイなんかもぽつぽつ。
他には塩焼きサイズのアジなんかもきたりで、場所が場所だけに関アジやから大事にと思いながら丁寧に血抜きまでする余裕っぷりw

船内では、ハマチなんかも釣れて一時盛り上がったりもしましたが、昼が近づくにつれて風と雨が強くなってきたので終了。
イサキ2枚にマダイが3枚、ウマヅラハギ2枚にアジ1匹と、やや不完全燃焼ではありましたが天候も考えればまずまずかなと思います。
微妙な釣果に、帰りに船長さんから立派なサワラを頂きましたあ(・∀・)り(・∀・)が(・∀・)と(・∀・)う!

10708157_522234001246531_1331388878_n.jpg
10711588_522292384574026_2119644162_n.jpg

あと、手持ち竿絶対な考えでしたが、何気に置き竿も奥が深くて面白いですね。
今度は是非、置き竿の釣りも積極的に取り入れていきたいと思いました。
次回は、明日28日にマダイ釣り予定で、30日にはイイダコ釣りの予定になっています。
それではまた次回、お楽しみに。

≪使用タックル≫
ロッド:DAIWA リーオマスター真鯛M-300
リール:DAIWA シーボーグ300MJ-L
ライン:DAIWA UVF ハイパーメガセンサー 4号
ハリス:DAIWA ディーフロン 船ハリス真鯛+10 4~5号
針:OWNER カット真鯛 9号
ビシ:DAIWA MDビシⅡ 100号
天秤:DAIWA リーディングアーム 1.6-600
バッテリー:DAIWA スーパーリチウム9000WP-L-C
スポンサーサイト

【2014/09/28 00:38】 | Boat Fishing
トラックバック(0) |
6日と9日に、タイラバに挑戦してきました~ヽ(´ー`)ノ
まずは6日、いつもの『珠浬丸さん』に乗船予定だったんですが、船長さんの都合でお休み。
モヤモヤしてたら、そういえば昔『海人丸さん』からブログにコメント頂いていたのを思い出してお忍びで乗船してみることに(´∀`*)ウフフ
初めての船って、いつになってもドキドキしますが物腰柔らかい船長さんで一安心ε-(´∀`*)
お客さんは親子連れの方に、常連さんと思われる方が3名の合わせて6名での出船でした☆

ポイントはすっかり慣れ親しんだ島原沖
水深は40m前後で、今回はひたすらタイラバをやり通すことにしました
底に着いたら、いつもの様に巻き巻きしてると2流し目でいきなりガツガツと当たってきました♪
底に突き刺すようなマダイ特有の引きは本当に楽しいですねぇ(´∀`*)ウフフ
キロにはギリギリ無いくらいでしたが、幸先の良いスタート・・・のはずでした。
まさか、この1枚がこの日の船内最大サイズになろうとはwww


このあとは本当に沈黙で、マジで当たりすらない状況で厳しい(´Д⊂グスン
あまりにも当たらないので最終的にはエサを付けてエビラバでやりましたが、小鯛が2枚何とか釣れたのみで終了・・・。
バラしが3回あって、うち1回が結構強烈な引きだっただけに悔しかったっすね(´ε`;)
後ろで釣ってた方がそれなりに釣ってあったので、ちょっと様子を見に行ったら遊動式の豆テンヤで数を上げていらっしゃいました
この日は潮も濁って、前日に雨が降っていたので水温も低くテンヤ有利なのは分かってたんですがあえてそこはタイラバに拘りました。
こういう時でも、いかにタイラバで釣るにはどうしたらいいのかを考えるのも勉強&努力ですよね♪
遊動式の豆テンヤにはちょっとしたコツがあるみたいで、短時間の見学でしたが非常に勉強になりました

そうそう、この日乗船した方と話してたら、うちの近所に住んであって尚且つ高校の大先輩でした(しかも同じ科)ヽ〔゚Д゚〕丿 スゴイ
こんな偶然もあるんやなぁと、少し嬉しく思いついつい携帯番号まで交換しちゃいました(笑)
またどこかの船でご一緒することがあれば、是非貴重なお話を聞かせていただきたいです。
なかなかユニークな方で、終始飽きずにお話できて楽しかったです
あと、やはりここでも電動巻き上げが有利でしたね。
親子連れの方が電動リールを使ってあったんですが、適度に当たりを捉えてありました
手巻きと違いテンポの良さや、一定の速度で巻き上げられることはかなりタイラバに置いて重要なんだなと改めて感じてしまいました。
結果はマダイ3枚にグチが3匹、カナトフグ1匹の釣果でした。
船長さんもとても優しい方だったので、また機会があれば乗船したなと思いました

んで、9日。
大潮で、昼から風も吹くので厳しいのも分かってたんですが、無理を承知で『珠理丸さん』に出船していただきました♪
今回は九州陸っぱり特攻隊のぷーさんと、ぷーさんのお父さんの3人での出船
6日と同様、潮は濁ってさらに今回は大潮ど真ん中で超激流の中でのスタート
相変わらず巻きの釣りには拘りましたが、前回が厳しかっただけにエビラバでのスタートです(´∀`*)
さあ頑張るぞと思いきや、当たりが前回以上に少なくシビア

結局、開始2時間巻き巻きしてもマダイの姿が見れず、さすがに寂しいので確実に1枚上げてみようかと久しぶりに天草テンヤをやってみました
すると、変えてすぐにゴゴンと当たって可愛いサイズのマダイを難なくゲット

とりあえず、今日も底付近にいるのは分かったので、あとはいかに巻きで釣るかを探るためにタイラバに戻しました。
さすがに今日はシビアだったので、船長さんから巻きじゃなくて天草テンヤでやった方が良かったんじゃないかと思われてましたが・・・w
もちろん、こんな日はテンヤ有利なのは分かっていたんですが、号数が重いゆえに単調で奥が深くないというか何というか。
それに、天草テンヤは平均して当たってくるサイズが小さいのとエサ取りも増えるんで自分はちょっとw
あと、最近は釣果よりもゲーム性の高さを求めているんで、釣れても釣れなくても巻いてるだけで楽しいんですよね

さあ、後半も頑張るぞと思ったんですが、自分は小さい小鯛をさらに追加して終了でした。
ぷーさんと、ぷーさんのお父さんもテンヤ釣りで何とかマダイをキャッチしてました
グチやアコウなんかの外道も釣れて、今日はバラエティーにとんだ釣果でしたねw
あと、中盤にぷーさんに良い感じの当たり&引きがあったんですが、残念ながらマダイではなくコショウダイでした
濁りが落ち着いたくらいに、是非またリベンジしたいです(・∀・)
今回は残念ながら写真撮ってないので画像は無しです。
次回は24日に、大分までコマセマダイ遠征予定です。
それではまた次回をお楽しみに( ´Д`)ノ~バイバイ

・ベイトタックル(鯛ラバ用)
ロッド:DAIWA 紅牙MX 69HB-METAL
リール:DAIWA RYOGA ベイジギング C2020PE-HL
ライン:DAIWA 棚センサーブライト +Si 0.6号
リーダー:DAIWA ディーフロン 船ハリス真鯛+10 4号
タイラバ:DAIWA 紅牙 ベイラバーフリー 100g

【2014/09/14 00:24】 | Boat Fishing
トラックバック(0) |
タイラバがやりたくて、いつもの様に『珠浬丸さん』に電話すると天候的に厳しいかなぁという話。
諦めようと思ってら、イイダコがぼちぼち釣れたみたいだけど一緒に行ってみる?ってお誘いが( ̄ー ̄)ニヤリ

答えはもちろんOK!!!!

どちらかと言えば、タイラバよりもイイダコの方が嬉しかったり・・・www
早速準備して、三池港までレッツゴー
船長さんにご挨拶して、港から出て5分で到着です━━(゚∀゚)⌒Y⌒(。A。)⌒Y⌒(゚∀゚)⌒Y⌒(。A。)⌒Y⌒(゚∀゚)ヤッホ━━!!
今回はエギ仕掛けで、底をゆっくり叩いて誘いました。
そうそう、今月DAIWAからイイダコ専用のアイテムが発売になりますね
その名もイイダコリグって言うんですが、イイダコスッテイイダコシンカーは別売りもしているみたいで、これは要チェックですね
商品の紹介文にはイイダコングなんていう新しい言葉まで飛び出してますが、元々イイダコングはゲーム性が高いと感じていた自分にとっては嬉しいニュースでした

DAIWA様、取材の際には是非とも有明海にお越し下さいキテキテ、ンデヨンデw

肝心の釣果ですが、底をゆっくり叩いているとヌーっと何とも言えない感触が
ガツンと合わせるとロッドか大きくしなって・・・でも上がってきたのは手の平よりも小さいイイダコ

10621907_510522019084396_1236040439_n.jpg

例年より早いためか、サイズはマイクロサイズなんですがこのくらいが旨味が凝縮されてて美味しいんですよね
このあとも、コンスタントに釣れてあれよあれよで20匹♪♪♪
途中、ヒイカが釣れたり、バレちゃいましたけどヒラメかコチの強烈な引きを楽しめたりと満足できました。

10681825_510535795749685_1183325305_n.jpg

2時間やりましたが、風が強くなってきたのと自分の不注意でクラゲに刺されて手が腫れちゃったんで終了。
もう少しサイズが大きくなれば面白くなるんですが、それはまた今度の楽しみにとっておきましょう
わざわざ船を出してくださった船長さんには本当に感謝です

持ち帰ったイイダコは、娘も食べれるように細かく刻んでカレーの中に投入しました
うちの娘、イカ、タコ、エビが全般的に苦手なもので・・・。
ゆで汁を足しながら作ったんで、ちゃんとシーフードの良い出汁がカレーに生きて非常に美味しかったです!
んで、ヒイカは刺身にしてみましたけど、元が小さいだけに一口分しかありませんでしたwww
それでもちゃんと甘みを感じることができて、非常に美味しかったです

次回こそはタイラバで出船したいところですが、今年の夏は本当に雷雨ばっかりだったので今回も天候次第ですね。
早ければ6日に出船して、更には9日にも出船予定です。
それではまた次回・・・。

・スピニングタックル
ロッド:DAIWA CATALINA TENYA GEME 710MS-BJ
リール:DAIWA FREAMS 2506
ライン:DAIWA 棚センサーブライト +Si 0.6号
リーダー:DAIWA ディーフロン 船ハリス真鯛+10 4号

【2014/09/03 22:01】 | Boat Fishing
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。