鯛ラバ&1つテンヤ、コマセ釣りを始めとした船釣りを中心に、バス釣りやテナガエビ釣りなど幅広く釣りを満喫しとります☆
どうもお待たせいたしました。
いつもの『珠浬丸さん』から28日はタイラバで、30日はイイダコで乗船してきました

まずは28日、今回は自分と高校の時の同級生2人で乗船。
1人は確実に釣りたいということでテンヤ、もう1人はタイラバでやってもらうことにしました☆
水深は約30~40m付近から開始
友達はマダイ釣り初挑戦で序盤緊張気味でしたが、バス釣りをやってるのもあって呑み込みも早くて短時間ですっかり慣れてきた感じ(゚д゚)!
ファーストヒットはテンヤ釣りをやってた友達
貸してたキャタリナ65XHB-BJの曲がりを見る限り、サイズはキロクラス以上は間違いなさそうオッ
慎重に巻き上げてもらって、見えた魚体は綺麗なマダイ
と、ここまではよかったんですが、タモで掬うのを知らずに抜き上げようとしてるし━━━━━━(|||゚Д゚)ギャアァァァ━━━━━━!!!!!!
案の定、ポキッという音と共に穂先が無くなりましたΣ(゚д゚lll)ガーン

10580580_524057017730896_1490530434_n.jpg

まあ、何とかその後タモを使って取り込めて友達も喜んでいましたが、内心ちょっと微妙な気分でした(;´∀`)
そのあとは、船長さんの竿を借りて終盤までやってもらいました。
船長さんには感謝ですあ(・∀・)り(・∀・)が(・∀・)と(・∀・)う!

そのあと、もう1人の友達にもマダイが釣れて、あと釣れてないのは自分だけ(; ・`д・´)アセルワ
言い訳しますと、友達の根掛かり対応やらタモ入れして自分は竿を出してないだけで・・・。
なんて思ってたら、やっと自分にも当たってくれました
こちらも、引きからすればキロクラスですねぇ
紅牙69MHB-METALが気持ちよく曲がり、強烈な引きも上手くいなしてくれます
引きを楽しみながら、ゆっくり巻いて取り込んだのは40cm強のまずまずサイズ♪
とりあえず、これで皆のボウズは無くなりました。

そのあと、当たりがしばらく遠のいたんですが、下げ潮になった途端活性が上がって当たる当たる( ^ω^)
でも、サイズが小さいのか皆乗らなく、もどかしい時間が過ぎるばかり
そんな中、それまでボウズだったもう1人のお客さんが見せてくれました
竿が根本からブチ曲がり、もの凄くラインが出されてるじゃありませんか!!
これはデカいと直感しまして、自分は竿を置いてタモ入れに回ることに
巻いてはラインが走りを繰り返すこと約10分、見えてきた魚体は60cmクラスの良型キタ━(゚∀゚)━!
さすがにタモ入れするこのサイズにはビビってしまし、バラしたらどうしようとか緊張してしまいましたが無事にネットインε-(´∀`*)ホッ
後から聞いた話ですが、実はこのお客さん、生まれて初めて釣ったマダイだったそうですw
ビギナーズラックとは正にこのことですねウラヤマ

このあと沖上がりまで自分にも友達にもコンスタントに釣れて、自分の釣果としてはマダイ4枚にイラ1匹、グチが2匹にアコウが2匹でした。
10583102_524029627733635_2117699987_n.jpg
友達の世話をしながらの釣果でしたので、個人的にはまずまず良かったのかなと思います。

んで、次は30日のイイダコ釣り。
『九州陸っぱり特攻隊』のぷーさんと、同じ病棟で働く看護師さんをもう1人誘っての3人で出船してきました。
最初のポイントは、三池港を出てすぐのポイント。
水深も5~10mくらいの超浅場で、有明海では一般的なタコボールと呼ばれるルアーでスタート。
底に着いたら、あとは底をトントンと叩くように誘うだけというシンプルな釣りです。
船内ファーストヒットは開始してすぐ、ズーンという何とも言えない当たりが自分のロッドに出ました
ゴン合わせると、ロッドが大きくしなり手の平サイズのイイダコさんがコンニチワ
一口サイズで、食べるには丁度良い大きさですねぇ。
そんなこんなしてたら、ぷーさんと同僚の方にもイイダコがヒット。
このまま入れ食いかなぁと思いましたが、ポツリポツリとな~んか活性がいまいち。

船長さんの判断で、約10分かけて人工島付近まで移動。
下には石やゴミが多いのか、ちょっと根が荒く根掛かりが心配なところでしたが、根掛かりする前にイイダコが抱き着いてくる入れ食いっぷり。
自分は針掛かりを優先させてエギ仕掛けでやっていましたが、一流しに1匹は当たり前でとにかく釣れる釣れる。
開始から2時間、途中数えただけでもあっという間に100匹超え。
こりゃあ凄いことになりますばい。
ぷーさんも同僚の方も、コツを掴んでとにかく釣りまくる、釣りまくる、釣りまくるwww
終始入れ食いが続きましたが、風が強くなってきたので最初の港近くまで戻ることに。

んで、ここでもとにかく入れ食いwww
途中、大きなコウイカまで釣れて死ぬほど楽しめました☆
10714901_524941107642487_1944143822_n.jpg
最終的には200匹超えて、船長さんの釣果まで合わせると250匹以上という大量っぷり。
サイズは小さいものが目立ちましたが、これから寒くなってくるにつれて大きくなってくるので今後も楽しみですね。

持ち帰ったイイダコは墨袋を取って、煮付け&塩焼きであっという間にビールのお供として消えていきました。
タコの中でも旨味が濃いので、本当に美味。
少し残った分は、また冷凍させて冬の鍋に入れても美味しいですね。
楽しみが増えました。

次の予定はありませんが、マダイかコマセ釣りが濃厚かなといったところです。
気分が変わればトラウトにも久しぶりに行きたいかなぁ・・・。
それではまた次回。

・ベイトタックル(鯛ラバ用)
ロッド:DAIWA 紅牙MX 69HB-METAL
リール:DAIWA RYOGA ベイジギング C2020PE-HL
ライン:DAIWA 棚センサーブライト +Si 0.6号
リーダー:DAIWA ディーフロン 船ハリス真鯛+10 4号
タイラバ:DAIWA 紅牙 ベイラバーフリー 100g

・スピニングタックル(イイダコ用)
ロッド:DAIWA CATALINA TENYA GEME 710MS-BJ
リール:DAIWA FREAMS 2506
ライン:DAIWA 棚センサーブライト +Si 0.6号
リーダー:DAIWA ディーフロン 船ハリス真鯛+10 4号
スポンサーサイト

【2014/10/02 01:24】 | Boat Fishing
トラックバック(0) |