鯛ラバ&1つテンヤ、コマセ釣りを始めとした船釣りを中心に、バス釣りやテナガエビ釣りなど幅広く釣りを満喫しとります☆
16日、『九州陸っぱり特攻隊』のぷーさんとお義父さんという珍しい3人で再び『秀月丸さん』を利用させていただきました。
釣り物は個人的には何でもよかったんですが、時期的なものやお義父さんのリクエストもあって前回よかったオキアミ五目でイサキ狙いに。
当日は自分達以外に、他に3人のお客さん。

約1時間半程船に揺られて、着いたポイントは天草灘。
指示棚は36~40mで、所々に瀬があるみたいで途中30m切るようなポイントもありました。
仕掛けは大分と同じで、100号のビシに4.5mの2本針仕掛け。
早速指示棚2mほど落として、軽くコマセを振ってからのセオリー通りに指示棚で待機。
ココンと早速1投目から喰いました。
引きからイサキであることは間違いなさそうですけど、サイズは微妙な感じ・・・。
まあ貴重な1匹ってことで、30cm程の綺麗なイサキが釣れました。

11535254_656232277846702_1361675139_o.jpg

ただ、これからが何とバラしの連続(;・∀・)
当たりはあって掛かるんですけど、巻き上げ途中で何故か外れるパターン。
たまたま上がってきてくれたイサキを見てみると、思っていた通りやはり針に原因があることが分かりました。
それまでオーナーのカット真鯛を愛用してたんですが、イサキの口を見ると皮一枚の掛かりどころになってることが判明。
大分では、今までそういう現象がほとんど無かったんですが、これは釣れるイサキのサイズにも原因がありそう。
大分は最低でも40cm、アベレージが55cm前後と大きいのに対して、こちらのイサキは30~35cmがメイン。
口の大きさも違いうのがどうも関連してそう・・・ってことで急いでその場で針を交換。
魚が餌を咥えた際に、口角に上手く掛かるように同じくオーナーの閂マダイXに変更。
あと、合わせるタイミングも工夫して、少しワンテンポ待ってから合わせることで確実に口角へ貫通させるように心掛けました。

そしたらドンピシャ!それからはバラしも極端に減って、しっかり口角に掛かっとります!!
やはり釣りは考えながら釣るのが、釣った感が倍増して楽しゅうございます☆
あっ、そうそう。今回はあまりの釣れっぷりに途中でエサではなくワームをセットしたりもしました。
結果から言えば当たりますし、ちゃんと釣れます。
今回は魚影の濃さからくるものかもしれませんが、餌と違って回収で巻き上げてる最中にも喰ってきたので何かしら水中でアクションしてるのかもですね。
非常にゲーム性が高く手返しもよくなるし、これからの可能性を秘めている釣り方でした。

11639292_656214931181770_487608025_o.jpg

ぷーさんもお義父さんも1投最低でも1匹ペースでコンスタントに釣り上げて、いつの間にやら生け簀の中はイサキで真っ黒(;´∀`)
ぷーさんにはクロが釣れたり、アジや真鯛なんかも混じって非常に面白い釣りでした。
他のお客さんもコンスタントに当たっていて、終わってみれば船内大釣果!!
3人で余裕のイサキ100匹超え、またもや50Lのクーラーからこぼれてしまいました。

11336054_656259127844017_943138398_n.jpg

全部捌くのに結局約2時間かかりました。
自分は刺身と塩焼きで頂きましたが、刺身は後から少し磯臭さを感じました。
大分のイサキは脂ノリノリなのに比べて、天草のイサキはどこか上品な脂のノリな印象を受けますね。
サイズもやや小ぶりですので、塩焼きにした方が個人的にはベストな食べ方かなと思いました。

次回は予定ありませんが、そろそろスピニング使ってのキス釣りに行きたいかなぁ・・・。

≪使用タックル≫
ロッド:DAIWA 旧リーオマスター真鯛M-300
リール:DAIWA シーボーグ300MJ-L
ライン:DAIWA UVF ハイパーメガセンサー 4号
ハリス:DAIWA ディーフロン 船ハリス真鯛+10 4~5号
針:OWNER カット真鯛 9号
ビシ:DAIWA MDビシⅡ 100号
天秤:DAIWA リーディングアーム 1.6-600
バッテリー:DAIWA スーパーリチウム9000WP-L-C
スポンサーサイト

【2015/06/19 23:07】 | Boat Fishing
トラックバック(0) |