鯛ラバ&1つテンヤ、コマセ釣りを始めとした船釣りを中心に、バス釣りやテナガエビ釣りなど幅広く釣りを満喫しとります☆
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1ヵ月以上も前の釣果になります(;´∀`)
色々と仕事もプライベートも忙しくて更新が遅れてしまいました(汗)

友達と、その同僚の方々から鯛釣りに行きたいとの相談を受けました。
有明海は潮の流れが速くて難しいんですが、水深は浅めですし落として巻くだけの鯛ラバなら初心者でも何とかなるかなと。
今回利用したのは、すっかりお馴染みの『珠浬丸さん』ですキタ━(゚∀゚)━!
土曜日とあってか、他にもお客さんがたくさんで今回は満船

ベイトタックルは全て友人と同僚に貸し出しましたので、自分は最近流行のスピニングタックルで巻き巻きすることに。
当日は大潮で、しかも場所は有明海のど真ん中(;・∀・)
早速激流の恩恵を受けることになりましたが、水深20mから深くても50mくらいなので20号でも何とか底は取れるかなという感じ(´ε`;)ムズッ
今までこの海域の鯛を捌いた際、キロオーバーはコウイカの赤ちゃんをベイトにしてることが多かったので、ちょっと意識してDAIWAの新製品タコマラカスベイトをセットして巻き巻き・・・。
もちろん、エビは卒業しましたので付けてませんよ(笑)
一投目でガツンと大きなバイト!!
少し竿先を送って、ゴンと合わせるけど一瞬引いただけであとはただ重いだけ
こういう当たり方をするのは大抵底モノなんだよねw
案の定、上がってきたのは30cm程の綺麗なアコウ
刺身は勿論ですが、これからの時期は鍋なんかにも重宝しますね(゚д゚)ウ-(゚Д゚)マー(゚A゚)イ-…ヽ(゚∀゚)ノ…ゾォォォォォ!!!!
そうそう、今年の有明海はどうしたことか、アコウが異常に多いみたいです♪
いつも鬼池沖まで行かないとあんまり見かけなかったんですが、今年は島原沖でもよく見ます。
温暖化なんかの影響なんでしょうか(´・ω`・)???
幸先良いスタートで、そのあともアコウを2本とアラカブ1枚を追加。
にしても、肝心の真鯛の当たりがありません・・・。

友達やその同僚の方も厳しいみたいで、ポツリポツリ根魚やコチなんかが釣れたり。
単純に真鯛の魚影が薄いのか、潮や水温なんかの影響で活性が低いのか
エビラバをやってた友達の同僚の女の子が、着底と同時にゴゴンと大きな当たりが( ^ω^)おっ!!
フッキングには至りませんでしたけど、残ってきたエビの頭がスパッと切れた様になっていたので真鯛の当たりだったのかも・・・。
というわけで、状況を打開するためにその子に底をボトムパンピングさせるテンヤ式の釣り方を試してもらうことに
効果はすぐ出ました(´∀`*)ヨッシャ
サイズこそ島原サイズでしたが、船内1枚目の真鯛をゲットです
このサイズが底付近にとりあえずいるのは分かりました( ̄ー ̄)ニヤリ
あくまでも自論ですけど、このサイズでも構わない&数を釣りたいと思うなら間違いなく底です。
捌いた時の胃袋を見ると分かりますが、このサイズの大半はエサのエビやカニだけでなく砂も一緒に飲み込んでます。
砂地を突いてエビやカニ、ゴカイなどを食べていると考えるのが妥当かなと。
これがキロを超えてくると、胃袋には砂はあまり入ってなく小魚やイカへベイトが変わっていることが多いです。
あくまでも有明海内での話になりますけど、成長と共に食性が変わっていくんでしょうかね?

話がズレました。
友達ともう1人の同僚の方も、これでまた少しヤル気を取り戻して友達にも程なくして島原サイズをゲット
肝心の自分はというと、底から7~8m付近で何度かガツガツという当たりがあったことを見逃しません
多分・・・デカいのは浮いとるばい!!!!
今回は数ではなく、釣り自体の内容の満足値を上げたいと思っていたので、周りがテンヤ式に変える中ひたすら上まで巻き巻き。

すると、とうとうその時がやってきました。

底から約7m半くらい、ガツガツという前当たり。
ひたすら同じスピードで巻くと、フッキングして反転したのかロッドの根元から曲がる本当たり!!
ここで初めてゴンと合わせると一気に20m近くドラグが滑って・・・久しぶりのスピニングタックルっていうこともあってかメチャクチャ楽しいw
それにしても、なかなかパワフルでとにかく横にも走れば下へも突っ込むというバリエーション豊富な引き(; ・`д・´)
真鯛なら途中から浮いてくるはずだしもしかしてサメかな?とか一瞬頭をよぎって、前歴もあるから船長からもからかわれましたが(笑)
ただ、底から7mも上だったんで内心は9割真鯛で間違いないだろうと確信はしてました。
本来なら途中で浮いてくるんですけど、この真鯛は最後まで抵抗してくれてとても楽しかったです。
12047467_700730016730261_830904729_n[1]
P9260002-300x225[1]e
60cmオーバーで、鯛ラバを本格的にやってる人から見たら大鯛とは言えないサイズなんですけど、自分にとっては久しぶりの嬉しいサイズ
何より、いつもお世話になってる『珠浬丸さん』で結果を残せたのが嬉しい☆
口から吐き出されたのは、コウイカの赤ちゃん
タコマラカスベイトがマッチ・ザ・ベイトだった可能性が高いです。
終わってみれば、この1枚が自分にとってこの日唯一の真鯛でした。

段々と潮も速くなって当たりも遠のいたので、三池港まで戻ってイイダコ釣りに挑戦したのですが・・・
ちょうど引き潮のど真ん中で、超がつく激流で底とれねぇっつうの。
とりあえずポツポツと釣れはしましたけど、思ったような釣果は望めませんでした。
全体的に今日は厳しく、真鯛も自分達のグループで5枚。アコウやアラカブなどの根魚が釣れてくれたのが救いでした。
釣れた真鯛とアコウは、早速刺身と切り身にして友達にプレゼント。
しゃぶしゃぶにしてみたりと、美味しく食べてもらったみたいで何よりです
次の予定は未定ですけど、また鯛ラバにも行きたいし落とし込みもやってみたいし迷ってますw

≪使用タックル≫
・スピニングタックル
ロッド:DAIWA CATALINA TENYA GEME 710MS-BJ
リール:DAIWA FREAMS 2506
ライン:DAIWA 棚センサーブライト +Si 0.6号
リーダー:DAIWA ディーフロン 船ハリス真鯛+10 4号
タイラバ:DAIWA 紅牙 ベイラバーフリー 80~100g
ワーム:DAIWA 紅牙 タコマラカスベイト
スポンサーサイト

【2015/10/25 08:56】 | Boat Fishing
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。