鯛ラバ&1つテンヤ、コマセ釣りを始めとした船釣りを中心に、バス釣りやテナガエビ釣りなど幅広く釣りを満喫しとります☆
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

先日、『秀月丸さん』からイサキ狙いでオキアミ五目で乗ってきました♪
去年の初夏以来の乗船で、乗船場所の変更を知らずにちょっと当日は焦りました(笑)
当日は満員御礼で、自分と初心者の友人1名を入れての10名で船内は大賑わい!!(゚д゚屮)屮

ポイントは天草灘で、水深は30~50mまでがメイン。
今回は初心者の友人に教えながらということだったので、教科書通りのコマセワークを行い指示棚で待つことに。
すると、1投目で友人の竿先にゴンゴンとイサキの当たりが。
初めての電動リールを使っての巻き上げだったので、当の本人は魚が掛かっているのかよく分からなったみたいですけど、ちゃんとイサキが付いてきました( ^ω^ )
サイズは30cmくらいで、まだお腹は膨らんでなかったのでシーズンとしてはもうちょっとかな?
そんなこんなしてたら、次に自分の竿にも当たりが。
追い食いを狙ってみましたけど、イサキの群れがそんなに大きくなかったみたいで1匹だけ。
序盤はそんな感じで、船内ポツポツ釣れる感じでした。
去年みたいに、コマセ入れなくても入れ食いみたいな気配はなし。
潮の流れが少し速くなりだすと、自分と友人に立て続けに4枚もの良型クロが上がってこれには満足(´∀`*)☆
最初は良型真鯛かなとも思うような引きで、サイズも45cm近くてお腹もパンパンでした。

中盤になると潮の流れが速くて、2~3流しで誰か1人が釣れるかなといったところ。
おまけに、地元の漁師なのか分かりませんが、プレジャーボートがピタッとくっ付いてきてちょっと迷惑でした(´ε`;)
潮が速いので、瀬の裏なんかも狙っていましたが魚の食い気はいまいち・・・。

正午くらいから潮が緩みはじめ、ポイントも魚群をピンポイントに攻めるような流し方になってから船内でも当たりが増えました。
イサキのサイズはやや小ぶりにはなりましたけど、塩焼きに十分なサイズがダブル・トリプルで数釣りできました\(^_^)/
最初はあたふたしていた友人も、終盤では手際もよくなっていてまずまずの釣果。
結果、2人で良型クロが4枚、真鯛1枚、イサキが40匹。クーラーの半分は埋まりました。
帰ってからは一緒に捌いて、結局刺身なり切り身なりしてたら1時間以上かかりました:(;゙゚'ω゚'):キッツー
次の日に刺身で、その翌日にクロを塩焼きでいただきましたが身が締まってて美味しかったです。
160323c1.jpg

次回はシーズン終盤のメバルで乗船したいですね。

≪使用タックル≫
ロッド:DAIWA 旧リーオマスター真鯛M-300
リール:DAIWA シーボーグ300MJ-L
ライン:DAIWA UVF ハイパーメガセンサー 4号
ハリス:DAIWA ディーフロン 船ハリス真鯛+10 4~5号
針:OWNER カット真鯛 9号
ビシ:DAIWA MDビシⅡ 100号
天秤:DAIWA リーディングアーム 1.6-600
バッテリー:DAIWA スーパーリチウム9000WP-L-C
スポンサーサイト

【2016/03/27 00:27】 | Boat Fishing
トラックバック(0) |
今月の上旬、『海人丸』から根魚遠征ということで乗船してきました。
お客さんは自分以外に2人の合わせて3名。
本来は4名からの出船だったみたいですけど、今回はサービスということで出船(人''▽`)アザァース☆
前年度の秋は天草~島原沖はアコウやらアオナが好釣だっただけに、ちょっと期待してました(´∀`*)ムフフ

ポイントは天草沖で、片道約1時間半くらい。
ただ、ポイントはうねりがきついし、その割には潮はあんまり動いてないしで難しそうな感じ(;・∀・)
水深は60~70m前後、DAIWA 紅牙ベイラバーフリーの100gを装着してスタート。
今回は根魚狙いなので、真鯛の様に上までは巻かずに底上5ⅿ付近まで。
1流しで隣の方にタマガシラはヒット。
なかなか幸先良さそうということで、2流し目でついに自分にも待望の当たり!!!!
グングン引くんで、これはもしかして真鯛かな?なんて思っていたら見えてきたのはホシザメ(笑)
まあ、これはこれで楽しめたんで良かったんですが、どうせなら食べられる魚が良か!!!
ネクタイのカラーをオレンジからグリーンに変更して、再度巻き上げるとゴゴンと当たりが。
コンコンと強くはないけど心地良い引き。
答えは鮮やかな高級魚、ホウボウさんでした。
DSC_1006.jpg
自身、初めてホウボウ釣りました。ちょっと嬉しい。
それからはエソを追加したけど、肝心の根魚が一向に顔を出さない・・・。

ポイントを鬼池沖へ移すと、これが入れ食いかというほど当たりが。
答えは分かっているんですけど、アラカブ無双ですね。
一応根魚ですし、食べても美味しいんで文句は言えません。
そのあとも終始アラカブ無双で、結局後部でやってた方にアオナが1本上がっただけで本命はそれだけ。

DSC_1005.jpg
IMG_20160304_194737.jpg

釣れた中で一番大きなアラカブとホウボウは刺身にして、残りのアラカブは煮付けor冷凍保存。
次回はイサキか、あえてアラカブを専門的に狙ってみるのも面白そうでしたね。
それではまた次回。

・ベイトタックル(鯛ラバ用)
ロッド:DAIWA 紅牙MX 69HB-METAL
リール:DAIWA RYOGA ベイジギング C2020PE-HL
ライン:DAIWA 棚センサーブライト +Si 0.6号
リーダー:DAIWA ディーフロン 船ハリス真鯛+10 4号
タイラバ:DAIWA 紅牙 ベイラバーフリー 100g

【2016/03/15 15:02】 | Boat Fishing
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。