鯛ラバ&1つテンヤ、コマセ釣りを始めとした船釣りを中心に、バス釣りやテナガエビ釣りなど幅広く釣りを満喫しとります☆
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

先日、『九州陸っぱり特攻隊』のぷーさんと一緒にワームメバルに行ってきましたウネウネ
もちろん、メバルで出船ってことは『珠浬丸さん』からの乗船です
今回は2人だけの貸切り状態ウヒヒ
気を使わずに、和やかな雰囲気で釣りスタートです
おなじみの島原沖ではなく、今回は自分達の希望で大牟田・長洲沖メインの近場を中心に狙ってみましたガンバルゾー!!

前回折れたDAIWAA-ブリッツ メバルSP S-235ですが、保障が効いて新品の穂先が戻ってきました(*^^)v
今回も旧エメラルダス2506Wとの組み合わせで、錘は12号からスタートして、潮の様子をみながら最高18号まで使用したばい
使ったワームはDAIWAビームスティックで、カラーは実績がある玉露を中心に使用
底まで着いたら、あとは少しだけ底を切ってゆっくり上下に誘うだけ・・・でも今日は反応が全くなかばってんアセアセ
おまけに、潮も激流のごとく速くなって、とにかくラインが斜めに入って全然安定しないウェーン
そのまま虚しく時間だけが過ぎて行き・・・気づいた時には沖上がり直前の時間
半分ボウズを覚悟しとったんですが、ここでぷーさんに待望のHITキタキタキタキタ━━━(゚∀゚≡(゚∀゚≡゚∀゚)≡゚∀゚)━━━━!!

釣れてきたのは20cm前後の中型サイズ
ここで自分も粘りに粘って同じようなサイズを1匹GET

P1020051.jpg

後が続くかと思ったんやけど、結局そのまま終了・・・。
ワームだけでどこまで通用するかっていうところで、今回は半分遊びでやってましたが、結論から言えばエサは大事!!!!
ただ、状況によってはエサよりもワームが良いときもあるので、当たり前の事やけど使い分けが大事ってことやろねwww
船長さんには、あまりにもショボイ釣果に変に気を使わせてしまって、本当に申し訳なかったです(m´・ω・`)m ゴメンナサイ…
次回はエサも使いますんで、船長さん、次回もよろしくお願いします



んで、次の日には大分まで遠征
嫁さんのお義父さんと一緒に、コマセマダイで乗船してきました
いつもお世話になってる『薬丸さん』の船長さんが、体調不良で出船できないということだったので、今回は違う船に乗ってきました
使用したタックルはDAIWAリーオマスター真鯛 M-300シーボーグ 300MJ-Lに、バッテリーは8800WP-Lを使用しました

FB_IMG_13582998312989378.jpg

テンビンはリーディングアーム 1.6-600に、ビシはMDビシII BIG100号を使っての完全武装
この日の潮が速いってことはタイドグラフで確認済みやったけん、仕掛けはこの海域ではやや長めの4ヒロからスタート
水深50~60m付近の瀬を狙っていったんやけど、予想通り潮が速くてビシが流されとります
そこで、瀬の裏側に狙いを絞って、瀬を超えるまではコマセを振らずにジッと我慢・・・クーッ
潮が速いけん、ラインが横に流されそうになるんやけど、船長さんが上手い具合に操船してラインは常に真っ直ぐ水中に入るようにしてくれるけん助かる(*^。^*)
船長さんのアナウンスで、瀬を超えたことを確認してからコマセを振って待ってると、1投目からゴゴゴンと明確な当たりが
首を振る独特の三段引きは、間違いなくマダイの引きやねぇ
引きからするとまずまずなサイズみたいやけど、とにかくシーボーグ 300MJ-LのJOGパワーレバーの操作が楽しい♪♪♪
親指1つで巻き上げ速度を調整できるし、メガツイン機構のパワーモードとスピードモードの切り替えも簡単

FB_IMG_13583061258582005.jpg

リーオマスター真鯛 M-300も、うまい具合に魚の引きをいなしてくれるんで安心して取引きできますわ

FB_IMG_13582998281891492.jpg

1キロ前後の綺麗なマダイをGETっす
とりあえず、潮が速い内はこのパターンで狙っていって、1投1匹の入れ食いモードに

あと、船長さんが時々マイク使ってアドバイスしてくれるんやけど、本当に適格な指示で釣果倍増ですわ
船長さんが1~3m刻みの細かい指示をずっと出してくれるんやけど、本当にこの棚に合わせないと当たりすら無い
この指示のおかげで、なかなかコツが掴めなかったお義父さんも待望のマダイをGET
そのあと、2キロのマダイも上げて、終始笑顔でこっちとしてもホッとしましたwww

昼頃になると潮も緩くなってきたけん、まずはコマセが出る量を少なめにして、瀬の裏側から今度は瀬の始まりから瀬の真上を中心に狙いを変えることに。
コマセを軽く振って、ゆっくり指示棚まで誘い上げてると、ズドンという根掛かりのような強烈な当たりと引きウギャー
引きからしてもマダイや青物でもなさそう・・・んじゃ何なん???
とにかく底へ底へと突き刺すような引きで、残り10mくらいになったら急に引かんくなったけど

正体はコイツ・・・カンダイ(通称コブダイ)
FB_IMG_13583100309565958.jpg
一般的に美味しくないと言われとるけど、別名『寒鯛』と呼ばれるくらい冬が旬の美味しい魚
とくにポン酢との相性がいいけん、我が家では必ず鍋にブチ込んでいただいとりますグツグツ
でも、こいつが釣れるってことは潮が動いてない証拠なんすよ。
そのあとも尺越えのアラカブが釣れたりして、完全に潮止まりやね
先針に極小ガン玉を付けて、誘いを小さくしてみたらキロ無いくらいのマダイがポツポツ釣れて沖上がり
ちなみに、下の画像のマダイがこの日の最小サイズでした(^○^)

FB_IMG_13583062465005962.jpg

全体の釣り果としては、自分がマダイ15枚、イサキ2枚、ウマヅラハギ5枚、コブダイ1匹、アラカブ1匹という好釣果
お義父さんもマダイ5枚に、ウマヅラハギ3枚で釣果としては差がありあしたが、魚の大きさとしてはお義父さんの方が上でした
お義父さんから借りた50Lのクーラーボックスが画像の通りパンパンです

FB_IMG_13583241825422405.jpg

マダイ・イサキのアベレージもキロクラスばっかりで、また行きたいところでしたが、嫁さんからSTOPがかかってますwww
冷蔵庫がパンパンで我が家では毎日魚料理が続いとるからwww

次回は『珠浬丸さん』でメバルリベンジになりそうです(*^^)v
今度はワームメバルではなく、エビメバルになるかと・・・ではまた次回。
スポンサーサイト

【2013/01/19 13:06】 | Boat Fishing
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。