鯛ラバ&1つテンヤ、コマセ釣りを始めとした船釣りを中心に、バス釣りやテナガエビ釣りなど幅広く釣りを満喫しとります☆
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

数日前になるけど、前回で他船のメバル釣果が良かったという話を聞いて『珠浬丸さん』から少し早いメバル釣りで船を出してもらいました
ただ、出船前日に真鯛の釣果が好調だったということもあり、タックルは1つテンヤ用のキャタリナ710MS-BJと旧エメラルダス2506Wを用意
今年もスピニングメバル頑張りますばい(´∀`*)ムフフ
あと、ベイトタックルではロッドの軟調性がメバルにも使えると判断して紅牙MX 69MHB-METALRYOGA2020HLを用意しましていざ出船

ポイントは島原城が見える、水深10~20m付近の浅場からスタート
3本針の胴突き仕掛けで、錘は20号を使用しました
モエビを針に付けて、仕掛けが底に着いたら少しだけ底を切ってゆっくり上下に誘いました

最初の1時間くらいは反応が無かったんやけど、少し潮が動き始めるとゴゴンと下に潜るような独特のメバルの引きがキターーーー
手の平もないくらい小さかサイズっやったけど、今年の初メバルやったけん喜びは一塩
それからも、ポツリポツリと当たって、一緒に乗船していた『九州陸っぱり特攻隊』のぷーさんもトリプルでキャッチしたりと最初のメバル釣りにしては上々
途中、シログチやキス、ソゲサイズのヒラメなんかも釣れたりして面白かったぁ

沖上がり残り1時間くらいになると、真鯛らしき当たりが頻発したけんエビラバをやることに
とにかく、着底から巻始めて5m付近で当たり頻発・・・けど乗らない
エビの頭をわずかに齧られとるだけやったけん、サイズが小さい&巻き上げスピードがやや早いと判断。
、型を狙うために底上5mまでは小鯛を避けるためにやや早巻きして、5mからはスピードをゆっくりにするとガツガツと当たり

フッキングにも成功して、狙いが的中!!!!

自分なりの理論も色々とあるんやけど、確実に鯛ラバ(実際はエビラバやけど・・・)が上達してるのを実感
500gはあるかなってくらいのサイズを、この釣り方で2枚GET出来ました

んで、ラスト1流しになったとき、ぷーさんに強烈な当たりが!!!!
ロッドが限界近くまで曲がって、これは何やら大物が掛かってる予感
船も走らせて、30分程粘ったんですけど残念ながらのフックアウト(つд⊂)エーン
最終的な釣果は、自分がメバル11匹、真鯛2枚、ヒラメ1枚、キス1匹、シログチ2匹。
あと、乗船前に実は30分ほど港でキャスティングして、キングチ2匹という結果でした☆
PB070043-300x225.jpg
PB070044-300x225.jpg

メバルは一番大きなサイズで20cm弱と、まだまだ尺サイズには及びませんでしたが寒波が入ってくるともっと良くなりそうですね。
次回の釣行予定はありません、それではまた次回・・・。
スポンサーサイト

【2013/11/11 10:40】 | Boat Fishing
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。