鯛ラバ&1つテンヤ、コマセ釣りを始めとした船釣りを中心に、バス釣りやテナガエビ釣りなど幅広く釣りを満喫しとります☆
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

またまた実釣日からしばらくたっての更新になりますが、『珠浬丸さん』から船メバルで乗船してきました。
今年初めての乗船&メバル釣り。
最近は寒暖の差が激しく、釣果には結構ムラがあるみたいです。
出船時間は6時半でしたが、1時間早めに港に着いたのでちょっとだけメバリングやってみました。

船溜まりを中心に、月下美人 SWライトジグヘッドSS月下美人 ビームスティックの組み合わせで狙ってみます。
船やロープの際を中心に、中層から底層をゆっくりリトリーブしていると、ブルブルという心地よい当たり。
根掛かりに気を付けながら、ゆっくり巻くと15㎝くらいのメバルが付いてきました。
DSC_0854.jpg

とりあえず坊主は免れました(笑)

このあとは、リリースサイズの可愛らしいメバルがコンスタントに釣れて出船まで十分楽しめました。
DSC_0855.jpg
6時半になると、他にもお客さんが3人。
いつもの島原沖でしたが、雲仙普賢岳は雪で真っ白になってとても綺麗です。
仕掛けは3本針の胴付き仕掛け、それに月下美人 ビームスティックをつけたワームメバルスタイル。
水深20~30ⅿの浅場から開始しましたが、ポツリポツリとした反応で結構渋い感じ。
寒波の影響で水温が安定してないのでしょうか、この日は浅場は餌取りも含めてあまり魚の気配がありませんでした。
自分も20㎝くらいのメバルを3匹釣ったのみで、それからは極小のリリースサイズが釣れたりと船内は沈黙状態。

お昼手前くらいに40~50ⅿのポイントに移動して、ここでやっと釣れ始めましたけど時間が来てしまいました。
結局、メバル9匹にショウサイフグが1匹の不完全燃焼。
DSC_0857.jpg
こればっかりは運や自然のことなんで仕方ないですね。
とりあえず、大きなメバルは煮付けにして、ショウサイフグは刺身でいただきましたけど絶品でした(´∀`*)

次回の予定はありませんが、友達が青物もしくはイサキに興味がある様子で・・・。

≪使用タックル≫
・メバリングタックル
ロッド:DAIWA ピュアリストAT 60XULSS-2
リール:DAIWA フリームス2004
フック:DAIWA 月下美人 SWライトジグヘッドSS
ワーム:DAIWA 月下美人カーリービーム

・ベイトタックル
ロッド:DAIWA メタリアゲーム64 220
リール:DAIWA RYOGA 2020HL
ライン:DAIWA 棚センサーブライト +Si 0.8号
ワーム:DAIWA 月下美人ビームスティック
スポンサーサイト

【2016/02/12 02:29】 | Boat Fishing
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。