鯛ラバ&1つテンヤ、コマセ釣りを始めとした船釣りを中心に、バス釣りやテナガエビ釣りなど幅広く釣りを満喫しとります☆
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もう2週間前になりますけど、またしても『九州陸っぱり特攻隊』のぷ~さんと一緒に『珠浬丸さん』に乗船してきました
出港してから風が吹き始めて、やや波は高いながらも何とか島原沖に到着

早速生きエビをテンヤに付けて、20~30m付近を攻めてみると開始早々いきなり当たりが
がっちり合わせると真鯛独特の引きで超楽しい~
30cmくらいの真鯛でしたが、これで前回の本命ボウズは免れたばい
その直後、ぷ~さんも何とか本命の真鯛をゲット

が、しか~し
それからポツポツと当たりはあるんやけど、針掛かりせんかったりバラしがあったりと食いがいまいちドウシタモンジャ?
フッキングした~と思ったら、真鯛やなくてシログチが「グ~グ~」言うて上がってきたり
ここからは外道祭りで、アコウが釣れ、さらにはモソッとした当たりやなぁと思ったらコウイカやったり
コウイカ釣り上げた時は、めっちゃ墨を吐かれて船内が真っ黒
船長さんに迷惑かけてしまいました(;一_一)スンマセン
ワタクシ自身もコウイカの洗礼を浴びてしまったわけで・・・w
P1000816.jpg


本当に申し訳なかとです!!!!!!!

あまりにも真鯛の食いが悪いけん、船長さんも試しに竿を出したら一投目で良型真鯛をゲット
こりゃ潮とか魚の活性がどうこう以前に、もう経験と腕の違いですわキャー
うらやましか~

それからも当たりがあったかと思ったら、良型の真鯛…ではなく良型の真ダコ
この真ダコで五目釣り達成
嬉しいような嬉しくないような…何か複雑www
前回のぷ~さんみたいに、一発逆転ないかなぁなんて
わざわざ時間延長してもらってまで粘りましたが、もはやこれまでばい

と思ってたら、最後の最後で竿が根元から曲がる強烈な当たりが
フッキングしたと同時にめちゃくちゃ走りよる
とにかく無我夢中で、「バラしたくない、バラしたくない」と連呼しながらファイト<(`^´)> ムキー
首振りまくるし、こりゃデカ真鯛やないかいムフフ

あと20m

あと10m

残り5m

見えてきた~

衝撃的なラストはサメでした

P1000810.jpg

もって帰ろうかと思ったけど、調理方法が面倒やけんリリース
釣果はいまいちでしたが、最後のサメの引きはめちゃくちゃ楽しかった

持ち帰った真鯛とコウイカはお刺身にして、残ったシログチと真ダコは別の機会に美味しくいただくことにしました

P1000817.jpg

淡白でジュワーと広がる甘みはたまらんばい

今回の敗因はズバリ
自分は底ばっかり狙いよったけど、船長さんが釣ったのは底から少し巻き上げたところ
真鯛が浮いとったみたいです
もちろん小潮だったってのも敗因の一つにあるとは思いますが・・・。
大潮の時とは魚の活性が全然ちゃうもん

26日にまたまた『珠浬丸さん』でリベンジして、30日には『薬丸さん』で久しぶりのコマセ真鯛♪♪♪
これから寒くなると海中心になるばってん、『九州陸っぱり特攻隊』の一員としてバス釣りにも行かな


んで、26日のリベンジはずばり風が強くて時化って真鯛1匹だけとういう大貧果で終わりました
とてもやないけど、波が高過ぎて当たりどころやなかったです
また来月の4日こそリバンジしたいと思います
スポンサーサイト

【2011/10/30 19:24】 | Boat Fishing
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。